観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

「うだつの上がる町並み」×美濃和紙で秋の風情を 「美濃和紙あかりアート展」、今年は10月9―22日に開催/岐阜

岐阜県美濃市の秋恒例「美濃和紙あかりアート展」が今年は10月9―22日に開かれる。重要伝統的建造物保存地域指定の「うだつの上がる町並み」と地元伝統文化「美濃和紙」の融合で描く歴史情緒。今年も秋の風情たっぷりにまちの魅力を感じてもらう。

同展は今年で29回目。かつての商家の屋根に備えられた「うだつ」が立ち並ぶ地域固有の光景と、日本三大和紙産地が誇る美濃和紙をかけあわせて地域のブランド力を向上させようと1994年に始まり、今や秋の風物詩として定着した。

今年はコロナ感染対策として期間中に分散開催を予定。一般公募で集められた美濃和紙で作ったあかりのアート作品をアクリルケースに入れてまちなかに展示する。

美濃和紙あかりアート展

歴史風情がアートで一層輝く

作品は9月2日まで応募を受け付けている。独創的、造形的な作品の応募を呼びかけている。作品は審査の上入賞作品を決める。昨年は170点の応募があった。

詳しくはhttps://www.akariart.jp/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ