観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

黒部峡谷鉄道が4月20日に一部区間、5月11日に全線開通 トロッコ列車が今年も走る/富山

富山県黒部峡谷にもいよいよ春がやってくる。黒部峡谷鉄道が4月20日に一部区間で運転を開始、5月11日に全線が開通して今シーズンが本格的に幕を開ける。11月末までの運行期間中、新緑の春、涼風吹き抜ける夏、紅葉の秋と、四季折々の風景のなかを開放感あふれるトロッコ電車が行く。

4月20日には宇奈月―笹平間が運転開始。5月4日からは鐘釣まで、5月11日には欅平までの全線が開通する。シーズン中は例年、多くのイベントが企画され、家族連れで賑わう。

片道運賃は宇奈月―黒薙、宇奈月―笹平が大人660円、子ども330円、宇奈月―鐘釣が大人1410円、子ども710円、宇奈月―欅平が大人1980円、子ども990円。

黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道が桜のなかを行く

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ