観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

地元バスガイドがツアープロデュース 新潟商工会議所が9月から着地型ツアー

新潟商工会議所は9月から、着地型ツアーを実施する。ツアーは「バスガイドが考えた新潟の魅力再発見 自分でも行きたい美食旅」。来年1月まで6コース設定した。

県内専門のバスガイドで 「にいがた観光カリスマ」のなぐも友美さんがプロデュース。全コースに「神仏パワースポット」「酒蔵」「美食ランチ」「直売所」を組み込んだ。バスガイド自らが企画、乗務する珍しいツアーとしてアピールしている。

コースは9月7日が越後湯沢駅出発「湯沢どぶろくと酒蔵ランチ」、10月19日が同駅出発「囲炉裏端でかめぐち酒」、11月2日が長岡駅出発「朝日神社と朝日酒造 長岡食材ランチ」、11月16日が浦佐駅出発「彩リの彫刻芸術と地酒&雪室ワイン飲み比べ」、12月7日が新潟駅出発「冬だけ!本物の野鴨料理と地酒堪能!」、1月18日が燕三条駅出発「弥彦神社と寺泊 純粋な旨み宝山酒造」。

旅行企画・実施はフリーウェイツアー(新潟市)。料金は7300円から。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ