観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   旅行商品

世界文化遺産登録間近!百舌鳥・古市古墳群をVRで疑似体験/阪急交通社

19/07/03

阪急交通社は6月28日、世界文化遺産登録が間近に迫る大阪府堺市の百舌鳥・古市古墳群と、伊勢神宮、京都を組み合わせたツアーを発売した。目玉はVR(バーチャル・リアリティ)で同古墳群を上空から眺める疑似体験。地上からでは難しい同古墳群の全体像がつかめるという、貴重な体験を提供する。

ツアーは東京発。1日目は三重県伊勢神宮の内宮と外宮の“両参り”をしてから、京都市内泊。2日目は二条城と京都御所を訪ねてから、堺市に入る。

堺市では、市役所21階展望ロビーから仁徳天皇陵古墳と古墳群を実際に眺めてから、大仙公園内の堺市博物館でVR体験へ。ヘッドマウントディスプレイを着けて、ドローンで上空300メートルから撮影した古墳群を360度映像で体験するほか、CGで再現した古墳築造当時の姿や古墳内部の石室などの映像も見ることができる。その後、さかい利晶の杜で立礼呈茶体験を楽しみ、帰路につく。

仁徳天皇陵古墳

仁徳天皇陵古墳を上空から

旅行期間は7月28日―10月27日。料金は2人1室2万9900円―3万9900円。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ