観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   北海道・東北

伝統の三春張子の風土を体感 郡山・高柴デコ屋敷で4月17、18日に張り子人形づくり体験/福島

福島県郡山市の伝統工芸施設・高柴デコ屋敷では4月から始まった大型観光キャンペーン「東北デスティネーションキャンペーン」にあわせ、4月17、18日に張り子人形を作る体験型イベントを開く。伝統の三春張子発祥の地で、地域の風土を体感したい。

高柴デコ屋敷は自然豊かな市北東部にある「三春駒」「腰高とら」という伝統的な玩具の発祥地で、江戸時代から続く4つの工房が入居している。今回は2つの工房で張り子人形づくりを体験する1日プランと、2日間を通してだるまをつくる2日プランを用意した。職人のレクチャーを受けながら安心して制作に臨める。

1日プランは、豆だるまか豆干支づくり。高さ約5センチの張り子人形づくりを和紙張りから絵付けまで体験できる。料金は1人4400円。

高柴デコ屋敷

豆だるま・豆干支づくりに挑戦

2日プランは「三春だるま」づくりに挑戦。高さ20センチのだるまづくりにじっくりと臨む。料金は1人1万3200円。

4月24、25日、6、8月の土日曜も実施する予定。

問い合わせは、本家大黒屋 電話024―971―3176、橋本広司民芸 電話024―971―3900。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ