観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

洛北八瀬で青もみじライトアップ JR東海が「そうだ 京都、行こう。」特別商品/京都

18/04/20

JR東海は展開中の観光キャンペーン「そうだ 京都、行こう。」にあわせ、5月12日―6月10日の土日曜、特別企画商品「京都洛北 八瀬もみじの小径ライトアップと瑠璃光院夜の特別拝観」を販売する。比叡山麓の八瀬エリアの春から初夏を代表する青もみじの景観を、夜間ライトアップの幻想的なムードのなかで楽しめる。

商品は京阪ホールディングスとのコラボレーション企画。名庭園を有する京都市左京区の名刹・瑠璃光院の協力を得て賞品かを実現した。

瑠璃光院は通常非公開で、春秋の年2回だけ特別公開。秋の紅葉の季節のライトアップが特に有名で、“インスタ映え”することから最大4時間待ちにもなるという。今回はライトアップを初めて青もみじの季節に実施。「そうだ 京都、行こう。」プラン申込者1500人限定(1日150人)の貸切プランとして一般公開される。夜間拝観時には楽器の演奏もある。拝観時間は19時―20時30分。

八瀬エリアでは「八瀬もみじの小径」や叡山ケーブル・八瀬駅、比叡駅で初の青もみじのライトアップを実施。エリア全体で鮮やかな新緑の季節ならではの美を提案する。

商品は瑠璃光院ライトアップ拝観と叡山ケーブル往復乗車券をセット。価格は6千円。販売は「そうだ 京都、行こう。」内の特設サイトから。申し込みは首都圏・静岡県在住者に限定する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ