観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

江州音頭の伝統と今に親しめ! 大津で7月27、28日に「マザレ祭り」/滋賀

19/07/17

滋賀県大津市で7月27、28日、踊りと食を楽しむ夏祭り「びわ湖大津マザレ祭り2019」が開かれる。地元発祥の「江州音頭」を現代風にアレンジするなど地元の文化に世代を超えて親しむ、大津の新しい祭典だ。

同祭りは、今年で4回目。江州音頭の継承と、地元の若者の力をテーマに始まった。2017年には2日間で5万3千人が集結したビッグイベントになっている。

会場は大津港特設会場。27日は江州音頭にデジタルミュージックをかけあわせた「江州盆ダンス」と「江州音頭総踊り」で現代と伝統の融合を楽しむ。滋賀県出身の「kradness」をはじめ様々なアーティストも登場する。

びわ湖大津マザレ祭り

現代版江州音頭を楽しむ

28日は屋外音楽フェス「江州ミュージックステージ」。両日とも、滋賀の人気店舗によるグルメ・スイーツの祭典「江州うまいもん・あまいもんグルメ」や子ども向けの縁日、ご当地キャラクターによるステージショーが開かれるほか、打ち上げ花火でクライマックスを迎える。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ