観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

京都市京セラ美術館、6月19日から府外客の来館が可能に/京都

20/06/15

京都市左京区岡崎に5月26日にリニューアルオープンした「京都市京セラ美術館」。新型コロナウイルス感染防止のため来館は京都府民に限定しているが、6月19日から府外からの来館を始める。コロナ第2波に注意しながら、より幅広く新しくなった京都の美の殿堂を楽しんでもらう。

京都市京セラ美術館は昭和8年の開館から87年間、京都の美術振興を支えた「京都市美術館」にネーミングライツ制度を導入して耐震性の向上などを施してリニューアル。現存する日本最古の公立美術館建築の本館は保存・継承することに加え、現代アートに対応する新館「東山キューブ」で新進作家を支援するスペース「ザ・トライアングル」を新設したほか、カフェやミュージアムショップも設けた。

京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館(撮影:来田猛)

府外からの来館にあたっては、引き続き事前予約制による入館制限と検温などの対策で衛生体制を強化。入館は一度に4人まで、観覧時間は1時間以内を目安、マスク着用なども設定している。定員は展覧会30分ごとに75人。入館制限は7月5日までを予定しているが、状況によって継続することもあるという。

事前予約はHP(https://kyotocity-kyocera.museum/)か、電話075―761―0239で。

現在、展覧会は「杉本博司 瑠璃の浄土」「京都の美術250年の夢―最初の一歩:コレクションの原点」を開催している。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ