観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

京都タワーホテル×地元交通コラボ客室、今度は「嵐電トレインルーム」が登場/京都

21/06/10

京都タワーホテル(京都市下京区)が展開する地元交通事業者との客室コレボレーションシリーズに、今度は京福電気鉄道(嵐電)が登場だ。6月11日から1日1室限定で宿泊利用が始まる「嵐電トレインルーム」には、実際に使われていた車両部品や京都のまちを走る車両のパネル、車両優先席シート仕様の椅子、記念プレートなどを配し、嵐電一色に。昨年開業110周年を迎えた嵐電の歴史とムードを体感しながらの特別な時間を過ごせる。

同ホテルでは昨年11月から京阪電車、京阪バス、叡山電車、坂本ケーブルのコンセプトルームの販売を開始。地元交通事業者と連携して地域ならではの魅力発信を強化している。

客室には嵐電北野線のパネル・行先方向板や中吊り広告、つり革、車体番号プレートなどの車両部品、写真などを展示。嵐電車両の優先席のシートに張り替えた椅子、記念乗車券、記念プレートなども装飾し、嵐電の世界観をそのまま再現した。

京都タワーホテル嵐電トレインルーム

「嵐電トレインルーム」客室

また、畳コーナーを設置し、寛ぎの空間を演出。さらに、展望映像「嵐電モト1000形DVD」や車内音が収録されたCDで目と耳で嵐電を感じてもらう工夫も。

宿泊特典として嵐電キャラクター「あらんちゃん」パスケースやつり革などのプレゼントも。

期間は来年6月10日までの1年間。宿泊料金はツインルーム2人1室利用で1人9500円から。

詳しくはhttps://my.matterport.com/show/?m=CwaHzmKXQKFへ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ