観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

サンガスタジアムから「もうひとつの京都」周遊 京都府、3月24日までデジタルスタンプラリー

21/03/06

京都府は3月24日まで、サッカーJ2京都サンガFCの本拠地である亀岡市のサンガスタジアム by KYOCERA(京都スタジアム)で、「ENJOY! SANGA STADIUM & SPORTS もうひとつの京都を巡るデジタルスタンプラリー」を実施している。スマートフォンを使って府内のスポーツ施設や観光スポットを巡れば、京都サンガグッズや府特産品が抽選で当たる。

スタンプラリーは、サッカー試合時の交通渋滞対策と府内の観光周遊促進を目的に実施。京都位置情報活用協議会のスマートフォンアプリ「こことろ」を使い、アプリに登録されているスタジアム、スポーツ施設、府内の観光地など「ここポイント」36カ所でデジタルスタンプを獲得していく。

サンガスタジアムを含むスタンプを4個以上取得すると、抽選で京都サンガユニフォームが4人に、ミニサインボールが5人に海の京都または森の京都の特産品が20人ずつ計65人に賞品が当たる。

「ここポイント」はサンガスタジアム、丹波自然運動公園、山城総合運動公園、三段池公園、亀山城址、湯の花温泉、かやぶきの里、五老ヶ岳公園、天橋立廻旋橋、ちりめん街道、夕日ヶ浦など。

参加はアプリ「こことろ」をインストールし、イベントメニューから同ラリーを選択して参加する。

もうひとつの京都を巡るデジタルスタンプラリー

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ