観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

まちの魅力感じる8プログラム 「ひがしおおさか体感まち博」、本開催前の7月に「mini」版開催/大阪

21/06/07

東大阪ツーリズム振興機構は7月1―31日、東大阪市内全域を会場に、体験型観光イベント「ひがしおおさか体感まち博2021」の小規模版「mini」を開く。秋の本開催に向け、地域色豊かな体験プログラムで盛り上げを図る。

同博は今年で4年目。ラグビーをはじめとするスポーツやものづくり、自然、文化など市の魅力を体感できるプログラムを地域の人々の手で用意、来訪者に楽しんでもらう。本番に先駆けて行う「mini」では8プログラムを用意した。

プログラムは、季節限定!“原始ハス”見学会と古民家ガイドツアー▽キレイをつくるデザート、“ローケーキ”のお話と試食体験!▽プロ直伝!美味しいコーヒーの淹れ方&フードペアリングを楽しもう!▽F.C.大阪の選手と一緒にプレー▽はじめてでも楽しめるレザークラフト▽町工場のものづくりチャレンジ!「つくるひろば」▽おもちゃ博物館でものづくり▽オンラインで体験!おほい堂本舗の和菓子教室。

参加費はプログラムによって異なる。申し込みは6月15日から。詳しくはhttps://pikahiga.jp/machihaku-mini/へ。

ひがしおおさか体感まち博

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ