観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

京都タワーホテルに「京阪電車トレインルーム」 通勤の足「5000系車両」の世界再現/京都

22/01/30

京都タワーホテル(京都市下京区)が展開する地元交通事業者との客室コラボレーションシリーズの第4弾は「京阪電車トレインルーム5555号」。2月1日から1日1室限定で宿泊利用が始まる。1970年に登場した5000系車両をコンセプトに、オリジナルの運転台、車両部品、ヘッドマークなどを展示。高度経済成長期から昨年までの通勤の足として活躍した名車両の雰囲気に包まれた特別な時間を過ごせる。

客室には実際に使用されていた機器を用いて再現したオリジナルの運転台を設置してあり、操作も可能。送風を補助する社章入りの回転グリルや車内マイク、引退時のヘッドマークを展示するほか、5000系の代名詞ともいえる「ラッシュ用扉」も再現するなど、あのころが蘇る空間に仕上げた。

京都タワーホテル京阪電車トレインルーム

ラッシュ用扉や運転台など特別仕様で

客室に設置されたプレーヤーで、座席昇降の様子を撮影したムービーも楽しめる。

宿泊特典として先着100人に5000系車両引退記念ラッシュ用ドアプリカシールをプレゼントする。

期間は来年1月31日までの1年間。宿泊料金はツインルーム2人1室利用で1人1万250円から。

詳しくはhttps://my.matterport.com/show/?m=ivXsjZZrcJDへ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ