観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

ラグーナテンボス、多彩な企画で夏を盛り上げ プールは6月26日からスタート/

愛知県蒲郡市のラグーナテンボスは今夏もさまざまな企画を展開する。ラグナシアのプール営業にナイトプール、フィットネスイベント、花火、アトラクションなど多彩な企画で、夏ならではの楽しみを提供する。

ラグナシアのプール「ウォーターパーク」は6月26日から今シーズンがスタート。全長230メートルの流れるプール「ウロボロスの河」、最大波高1メートルの波が楽しめる「ジョイアマーレの浜辺」など6種のプールが待っている。

期間は9月26日まで。プールの料金は大人3300円、中学生3千円、小学生1650円、幼児1150円。プールパスポートの設定もある。

ラグーナテンボスプール

ジョイアマーレの浜辺

7月22日−8月31日、9月4、5、11、12日はナイトプールが登場。大人専用エリアとファミリーエリアの2つのエリアで子どもから大人まで楽しめる設定に。ナイトプール料金は大人1950円など。プールとのセット、パスポートなど各種設定あり。

また、フィットネスクラブ「GOLD’S GYM」とのコラボレーションイベント「マッスルプールパーク」を今年も実施。8月7−15日、米ロサンゼルス・ベニスビーチの「マッスルビーチ」を再現したビーチでマッスルアクティビティが体験できる。料金は無料で、プールチケットが必要。

8月7−15日、21、22日は花火ショー「花火スペクタキュラ『FLAME』」を開催。花火と音楽、光の演出をナイトプールに入りながら楽しめる。

そのほか、人気アトラクション「アクア ウィンド」に後ろ向きコースター「バックドロップ」が7月下旬に登場予定など、今年の夏もラグナシアが熱くなりそうだ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ