観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

“瀬戸内海のハンター”から考える豊かな海 須磨海浜水族園で3月25日まで企画展/兵庫

21/02/10

兵庫県神戸市の神戸市立須磨海浜水族園で2月6日、企画展「瀬戸内海のハンターたち―彼らが生きる豊かな海とは」が始まった。サメをはじめとする“海のハンター”を取り巻く環境から、海の豊かさについて考えてもらう。3月25日まで。

同展では、ホホジロザメなど瀬戸内海の“ハンター生物”を紹介し、瀬戸内海を取り巻く環境問題に触れる。瀬戸内海で捕獲されたホホジロザメの剥製や生態系を支える小型魚類・甲殻類の生体展示も行い、ハンターたちが生息できる、生物が多く暮らす豊かな海の環境について考える。

須磨海浜水族園ホホジロザメの剥製

ホホジロザメの剥製

来場者には解説小冊子「見タコとあるかな?もっと知りタイ!!ひょうごの海」を配布。アンケートに回答した先着2500人にノベルティーグッズもプレゼントする。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ