観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

練馬区立四季の香ローズガーデン、5月1日にリニューアルオープン エリア拡充など魅力増強/東京

21/02/11

東京都練馬区のバラ園「練馬区立四季の香(かおり)ローズガーデン」が5月1日、リニューアルオープンする。エリアを拡張し、シンボルローズがデビュー。品種・株数も増やし、庭園管理も強化するなど魅力を増強し、バラの魅力を今まで以上に楽しんでもらう。

リニューアルは区が整備を進め、第一園芸と西部緑化・フロンティアコンストラクション&パートナーズによる「第一園芸みどりのまち共同事業体」が運営する。

同園ではダマスクやティー、フルーティー、ブルー、スパイシー、ミルラの6種類のバラの香りの違いごとに作庭。リニューアルオープンで従来の香りを楽しむ「香りのローズガーデン」に加えて、バラの色を楽しむ「色彩のローズガーデン」と五感で楽しむ「香りのハーブガーデン」が拡張される。プロが育てるバラの種類も約180品種200株から約320品種460株へと大幅増。オープン当日は園の名を冠したシンボルローズ「四季の香」も解禁される。

四季の香ローズガーデン

バラによる癒しの空間

また各分野のプロが集結し、庭園管理をはじめ魅力アップを支える。開園時からのガーデンアドバイザー河合伸志さんに、チーフガーデナーに日本有数のバラの育種家・忽滑谷史記さんも加入するなどバラ育成を強化。地域と連携したイベントの実施や、講習棟への交流コーナーやキッズコーナーの設置など区民の交流拠点としての機能も充実させる。

詳しくはhttps://www.shikinokaori-rose-garden.com/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ