観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

城下町でタイムスリップ 11月17日に「佐倉江戸時代まつり」/千葉

19/10/09

千葉県佐倉市では11月17日、毎年恒例の秋の風物詩「佐倉“江戸”時代まつり」が開かれる。往来する人々やそこかしこで開かれる体験、出店など佐倉城下はこの日1日江戸時代に。タイムスリップ感覚を味わいに、佐倉へ。

まつりは今年で21回目。日本遺産認定の「北総四都市江戸紀行」をイベントタイトルに冠する。新町通り周辺を会場に、江戸時代当時の風情を体感できる催しを展開し、佐倉城下の往時の賑わいを再現する。

お姫さま、侍、芸人、町人、町娘などに100人超もの市民が扮した時代衣装行列は必見。南京玉すだれなど江戸時代の大道芸、物売り口上、和装束着付けショーなどもあり、一帯は江戸時代の風情一色に染まる。

捕り物の寸劇や、子どもたちによる「捕り方体験」を実施。甲冑の試着体験や、子ども忍者への変身、畳のストラップ制作、手裏剣など大人も子どもも楽しめる体験企画も充実させる。

佐倉江戸時代まつり

捕り物寸劇に興奮

江戸時代風の屋台村では和菓子やウナギ、うどんが味わえる。

そのほか、城下町にある旧堀田邸、武家屋敷、佐倉順天堂記念館へ着物で来館した人は入館無料になる特典も。

時間は10―15時。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ