観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

コロナの夏は地元で遊ぶ 東京スカイツリー、8月7―23日は都民限定で展望台入場料を半額に

20/08/05

東京都墨田区の東京スカイツリーは8月7―23日、東京都民を対象に展望台の入場料を半額にする「夏割キャンペーン」を実施する。コロナ禍に悩む都民の夏だが、東京、関東一円を望む絶景に心を癒し、地元で楽しく過ごしてもらう。

当日券の展望台入場料が半額なる同キャンペーン。対象は東京都在住の人だが、グループなら代表者が都内在住なら全員が割引対象になる。

東京スカイツリー

展望台から夏の東京を一望

料金は平日が大人通常2100円が1050円に、高校生・中学生は1550円が750円に、小学生は950円が450円に。休日は大人2300円が1150円に、高校生・中学生は1650円が800円に、小学生は1千円が500円になる。天望デッキ・天望回廊セット券も同様に半額で利用できる。

また、期間中はオフィシャルショップ「THE SKYTREE SHOP」「SKYTREE CAFE」の特典クーポンもチケット購入時に配布する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ