観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

日本一の夕陽に「いいね」 堂ヶ島ニュー銀水、SNSで投稿CP/静岡

静岡県西伊豆町の堂ヶ島ニュー銀水は来年3月末まで、堂ヶ島エリアで撮影した夕陽をSNSに投稿してもらうフォトキャンペーンを実施している。夕陽と語らいの宿ネットワークに加盟している同館と、西伊豆町の日本一ともうたわれる夕陽の魅力を「いいね」ボタンで全国に拡散したい考えだ。

同町は「日本の夕陽百選」にも選ばれ、2005年には「夕陽日本一宣言」も敢行。夕陽のまちとしてPRしている。なかでも堂ヶ島の夕陽は評価が高く、夕陽のベストシーズンである10月中旬から3月上旬をキャンペーン期間に定めた。

キャンペーンでは「夕陽いいね」をテーマに西伊豆・堂ヶ島エリアで撮影した写真をインスタグラムかツイッターで投稿して応募。先着600人に「オリジナル手ぬぐい」を同館フロントでプレゼント、期間終了後には抽選で5組に同館のペア宿泊券が当たる。

同館からも美しい眺望が楽しめ、期間中は夕陽を眺めながらの「サンセットワインサービス」も実施している。

堂ヶ島ニュー銀水

ニュー銀水ロビーから
水平線に沈みゆく夕陽を眺める

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ