観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   旅行商品

千葉の酒文化に親しむ1日 JR東日本、11月28日に「ぐるっと北総酒ものがたり」運行

20/10/21

JR東日本はちばプロモーション協議会、びゅうトラベルサービスと連携した特別企画として、11月28日に千葉県の地酒を楽しむ列車「ぐるっと北総酒ものがたり」を運行する。日本遺産認定の北総エリアの酒文化に親しむ1日で、11月まで千葉県と連携して展開している房総観光キャンペーンのフィナーレを飾る。

列車は485系リゾートやまどり6両編成。千葉駅を9時20分に出発し、車内では配布された千葉の地酒3本を楽しみながら成田駅へ。駅前に書く酒蔵が集う「北総の地酒まつり」で試飲や買い物を楽しみ、開催中の「成田山公園紅葉まつり」など各自自由に時間を過ごす。銚子駅へ向かう車内で昼食をとり、調子セレクト広場で試飲と買い物。千葉駅までの復路の車中では大吟醸などが当たる抽選会で盛り上がる。千葉駅には16時48分着。

料金は1人1万3千円だが、Go Toトラベルの支援対象のため、支払実額は8450円。2千円分の地域共通クーポン付き。定員は70人。

申し込みは、サイト「日本の旅、鉄道の旅」(https://www.jrview-travel.com)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ