観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

松本を氷のアートで彩る 「国宝松本城氷彫フェスティバル」、1月21―23日に2年ぶりに開催/長野

長野県松本市では1月21―23日、冬の風物詩的イベント「国宝松本城氷彫フェスティバル2022」が開かれる。新型コロナの影響で昨年は中止となったが今年は2年ぶりに開催。市街地に氷彫師の技術を駆使した氷彫作品がいたるところに登場。冬ならではの自然の芸術が松本のまちを輝かせる。

同フェスティバルは今回で35回目・コロナ対策として会場を市街地の様々な箇所に分散させて開催する。

国宝松本城氷彫フェスティバル

松本城と氷のアートの競演

市街地中心部の花時計公園では、若手氷彫師の登竜門「全国氷彫コンクールプレイベント」を開催。 22、23日は、松本城公園でメインイベントである国内14チームが競う「全国氷彫コンクールチャンピオンシップ」も開かれ、トップレベルの技と松本城の競演が冬の美を伝える。

松本駅前広場、松本城大手門枡形跡広場では氷彫刻作品を特別展示。千歳橋と蔵シック館、てまり時計前では氷彫制作の実演パフォーマンス、松本城公園では実際に滑ることができる氷のすべり台も登場する。

開催中の「松本市イルミネーション」との初のコラボにも注目。氷彫フェスティバル開催期間にあわせ、イルミネーションのメインコンテンツ「松本城―氷晶きらめく水鏡」に特別演出を施す。

氷彫フェスティバルについて詳しくはhttps://hyocyo.matsumoto-winter.jpへ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ