観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

美観地区に歌川国芳のミュージアム「国芳館」オープン 浮世絵の魅力を発信/岡山

21/05/01

岡山県倉敷市の倉敷美観地区にこのほど、江戸時代を代表する浮世絵師・歌川国芳のミュージアム「UKIYO-E KURASHIKI/国芳館」がオープンした。美観地区から浮世絵の魅力を世界に向けて発信するプロジェクトの第1弾。伝統的かつ美しい古い町並みが広がる美観地区から奇想天外な国芳の浮世絵の世界を伝える。

旅館を再生した館内では、巨大な骸骨を描いた国芳の代表作「相馬の古内裏」など約100品の作品を紹介。国芳の門人にもスポットを当て、江戸時代末期に人気を博し、近年は海外でも評価が受ける人気浮世絵師の全ぼうに迫る。

開館時間は10―18時。火曜休館。観覧料は一般1300円、大学生・高校生1千円、中学生・小学生500円。団体割引あり。

URLはhttp://ukiyo-e-kurashiki.jp

国芳館

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ