観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   北海道・東北

飼育員目線で深海の謎に迫る 仙台うみの杜水族館、4月27日に「深海」エリアをリニューアル

宮城県仙台市の仙台うみの杜水族館は4月27日、1階の「深海 未知のうみ」エリアを「深海ラボ」としてリニューアルオープンする。研究室風の展示で深海の謎に迫る。

同館ではこれまでも謎多き深海の世界を紹介しようと、「深海生物クッキング」をはじめ、さまざまな企画に挑戦してきた。今回のリニューアルでは、より深海の謎に迫る面白さを体感できる展示に一新。深海生物の生体展示のほか、「考える」仕掛けを散りばめ、見る人の知的好奇心に訴えかける内容へ工夫をこらした。

展示は、深海生物の飼育について飼育員目線で考えられる内容で研究室風に進化。バックヤードをオープンにし、水槽の裏側も観覧できるようになった。水槽ではダイオウグソクムシ、アカドンコ、アカムツ、オオホモラ、ボウズギンポ、ヤマトトックリウミグモ、エゾイソアイナメ、クマサカガイなどの生体を展示する。世界で5例目の確認となるキタチョウチンアンコウや、アカクジラウオダマシなど希少生物の標本展示も。

また、飼育員もわからない深海の謎について問いかけ式の魚名板や解説板を設置。飼育員と同じ目線で深海の謎を考える仕組みも導入する。宮城県沖合底びき網漁業協同組合の協力で県内で捕獲される深海魚を展示していくほか、深海生物を使った料理のレシピを紹介するオリジナル動画の放映も行う。

仙台うみの杜水族館

みんなで一緒に考える魚名板

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ