観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

「神戸らしさ」を体感 「おとな旅神戸」2018年版受付をスタート/兵庫

18/08/16

兵庫県神戸市の着地型ツアー「おとな旅・神戸」の2018年プログラムの受付が8月16日9時30分から始まった。今年は8月25日―2019年3月中旬の期間に全68プログラム93本を用意。まち歩きや体験を通して「神戸ならでは」「神戸らしさ」を体感できる。

「おとな旅・神戸」は神戸観光局や神戸市、兵庫県、神戸商工会議所などでつくる実行委員会が主催。官民協働で「神戸ならではの着地型旅行」を創出しようと、2013年度冬にスタートし今回で8回目を迎える。神戸を愛する作家や編集者、料理人らがアドバイザーとして企画・同行する「市民アドバイザー」制度がツアーに奥深さと個性を生み、開始以来、毎回完売が続出、着地型旅行造成の好例として注目を集めている。

今回は新登場の41プログラムを含む全68プログラム93本を設定。老祥記の豚饅頭作り体験とまかない飯の賞味という南京町生誕150年を記念したプログラム、神戸を代表するスターシェフが名を連ねる「HYOGOシュトレンの会」とのコラボレーションで弓削牧場を訪ねる企画、垂水漁港の昼競りなど多彩なプログラムが並ぶ。

料金は3千円から。申し込みは公式サイト(https://kobe-otona.jp/)か電話078―599―7110へ。定員となり次第締め切る。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ