観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

「海軍ゆかりの港めぐり遊覧船」の運航再開 舞鶴市/京都

20/06/01

京都府舞鶴市は5月30日、「海軍ゆかりの港めぐり遊覧船」の運航を再開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で運航を見合わせていたが、緊急事態宣言解除を受け、日本海側唯一の軍港のまちに人気観光プログラムが帰ってきた。

同船は海上自衛隊舞鶴地方隊の護衛艦が停泊する舞鶴湾東港を約30分で周遊。停泊するイージス艦をはじめ巨大艦船を間近で眺められるとあって、例年観光客の人気を集めている。

海軍ゆかりの港めぐり遊覧船

艦船を間近に運航する
「海軍ゆかりの港めぐり遊覧船」

運航日は、11月30日までは火水曜を除く毎日と祝日。12月1日―1月31日は、年末年始を除く土日祝日。乗船料は大人1300円、小人700円、2歳以下は無料。乗船人数は当面、ソーシャルディスタンス確保のため25人で運航する。

また、同市は舞鶴赤れんがパーク5号棟のカフェの営業を6月4日から再開。同パーク内2店舗で海軍のレシピを参考にした「海軍ラムネ」の提供も再開する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ