観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

富士五湖をアニメの世界観感じて走る 「弱虫ペダル」とコラボスタンプラリー、11月末まで/山梨

やまなし観光推進機構は9月1日から、アニメ「弱虫ペダル GLORY LINE」とのコラボレーション企画「『サイクル王国やまなし』スタンプラリー」を実施している。舞台はアニメにも登場した富士五湖エリア。世界遺産・富士山の眺望とアニメの世界観を感じながら、山梨県ならではのサイクリングを楽しんでもらう。11月末まで。

ラリーは、JTBパブリッシングと連動した観光情報冊子「るるぶFREE山梨’20-’21秋冬」の企画。エリア内8カ所に設けられたポイントをめぐり、スタンプを集める。3カ所でスタンプを集めれば、先着3千人にオリジナルポストカード2枚組がもらえる。

ポイント5カ所には「弱虫ペダル」のキャラクターの等身大パネルも設置。記念撮影も楽しめる。

サイクル王国やまなしスタンプラリー

スタンプ設置ポイントは、道の駅どうし▽ゆいの広場ひらり(平野観光案内所)▽山中湖交流プラザきらら▽道の駅なるさわ▽西湖ネイチャーセンター▽本栖湖観光案内所▽みのぶ観光案内所▽本栖湖いこいの森キャンプ場。

詳しくは、富士の国やまなしHP内当該ページ(https://www.yamanashi-kankou.jp/special/yowamushipedal_stamprally.html)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ