観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

“推し説”センターは「暴君討伐説」 福知山市、「本能寺の変の日」に原因説総選挙結果を発表/京都

20/06/02

京都府福知山市の官民でつくる「福知山光秀プロジェクト推進協議会」は今年、地元ゆかりの戦国武将・明智光秀がNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公となったことから、光秀を顕彰する取り組みを進めている。新型コロナ禍のなかでも自宅で光秀と福知山に触れてもらおうと、「おうちで光秀ミュージアム」を展開。企画のひとつ「本能寺の変原因説50総選挙」を実施、本能寺の変当日の6月2日、投票結果を発表した。1位は「暴君討伐説」。主君・織田信長の非道をただすため、という説が歴史ファンの“推し説”トップとなった。

総選挙はあらかじめ公開していた原因説の中から、これだと思うものをネットで投票してもらうもので、全国から3万5千を超える票が集まった。2位は羽柴秀吉による「黒幕説」、3位は“王道”ともいえる「怨恨説」だった。

特設ウェブページ(https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/site/mitsuhidemuseum/hng50result.html)で50位までを公開。「麒麟がくる」の時代考証を務める歴史学者、小和田哲男さんの特別動画コメントも掲載している。

本能寺の変原因説50総選挙

「本能寺の変原因説50総選挙」バナー

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ