観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

国宝の二の丸御殿への特別入室など貴重な機会 12月21日から「世界遺産 二条城の早春」/京都

20/11/23

京都市中京区の元離宮二条城では12月21日から、国宝の二の丸御殿への特別入室や障壁画の原画を初公開する「世界遺産 二条城の早春」が開かれる。

国宝・二の丸御殿「遠侍 勅使の間」の特別入室は2021年1月4―25日に実施。朝廷からの使者を迎えた対面所とされていた空間で、通常は廊下からの観覧だったが、今回は入室し、間近から障壁画や天井画を眺められる。21年1月6、13、20日は学芸員による障壁画の解説会も開く。

勅使の間

勅使の間(下段)南西
「檜桃図」

12月21日―21年2月21日は「桃山の花木」と題して、初めて勅使の間下段の障壁画をすべて公開する。

また、非公開の「香雲亭」での特別昼食は、21年1月9日―2月23日に、1日48人限定の完全予約制で。庭園を眺めながら京水菜と甘鯛のゆば鍋や堀川ごぼう海老真丈射込みなど京料理「早春の二の丸御膳」が味わえる。3600円。

詳細はhttps://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/event/nijojosousyun/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ