観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

紅葉やアート作品のライトアップで幻想の秋夜を演出 六甲高山植物園、10月16日―11月23日に実施/兵庫

21/08/21

六甲高山植物園(兵庫県神戸市)では10月16日―11月23日、園内の紅葉をライトアップして夜間営業を行う「夜の紅葉散策」を開く。「六甲ミーツ・アート芸術散歩2021」関連企画である「ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~」も同時開催。アート作品と紅葉の夜の顔から深まる六甲山の秋を感じたい。

六甲山では例年、紅葉の訪れが早く、10月中旬から11月中旬にかけて様々な木々が色づくさまを楽しめる。期間中はこれらをライトアップし、昼間とは違う幻想的な雰囲気を演出する。「ザ・ナイトミュージアム」での園内に展示されているアート作品のライトアップもあり、秋夜の散策の楽しみを増幅させる。

六甲高山植物園

紅葉のライトアップ

10月24日までは土日のみ、10月30日からは毎日の開催。時間は平日が17時―18時30分、土日祝が17―20時。土日祝のみ17時30分から30分程度無料ガイドも実施する。
入園料は大人700円、小人350円。

同園ではほかにも、10月2日―11月23日に「原種シクラメンとダイヤモンドリリー展」、10月9日―11月23日に「森の手づくりリース体験」など秋のイベントが開かれる。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ