観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

卑弥呼の時代に思い馳せて 高槻市・安満宮山古墳で9月22・23日にガイドツアー/大阪

23/09/11

大阪府高槻市では9月22・23日、安満宮山古墳でのガイドツアー「安満宮山古墳で卑弥呼に出会う!」が実施される。ガイドスタッフが出土した遺物や古墳の魅力を紹介。古代、卑弥呼の時代に思いを馳せる。

安満宮山古墳は3世紀半ばに造営。中国・魏の当時の年号「青龍三年」の銘をもつ青銅鏡など装飾品や刀などの副葬品が出土している。青銅鏡は国内で発見された年号付きの鏡の中では最古のものといわれており、「魏志倭人伝」に記された魏が邪馬台国の卑弥呼に送った銅鏡の1枚と考えられている。そのため古墳に眠る人物は卑弥呼と関係のある重要な人物とされている。

今回は、同古墳を当時の姿に復元整備した「青龍三年の丘」でボランティアガイドが出土した青銅鏡のレプリカや同古墳の魅力を紹介する。

安満宮山古墳

安満宮山古墳

時間は9時30分―11時30分。ガイドの説明時間は約15分程度。

申し込みは不要。料金は無料。

詳しくはhttps://www.takatsuki-kankou.org/info/2819/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ