観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

「麒麟がくる」ラストへ 岐阜大河ドラマ館、閉館まで「大感謝祭」/岐阜

いよいよ2月7日、大河ドラマ「麒麟がくる」が最終回を迎える。これに合わせ、岐阜市で開かれている「麒麟が来る 岐阜 大河ドラマ館」も2月14日に閉館となる。閉館までは「大感謝祭」と題して、入館者や地元に向けた“恩返し”企画を展開中。物語と駆け抜けた一年を締めくくる。

期間中は入館者全員に同館オリジナルグッズなどが入った「お楽しみ袋」を1人につき1つプレゼント。ドラマ公式ガイドブックや缶バッチ、バック型クリアファイル、コットントートバック、うーたんハンカチ、うーたんピンバッチ、来館記念証などが入っているそうで、何が当たるかは訪れてからのお楽しみだ。

岐阜城

大河ドラマ館は岐阜城のふもとに

また、岐阜市と山県市民を対象に、2月8,9,10、12日の入館料を無料に。免許証、健康保険証など住所が確認できるものを持参すれば無料となる。

同館HPはhttps://www.taiga-kirin-gifu.jp/index.html

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ