観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

圧巻の艶やかさに息をのむ 稲取温泉で1月20日から「雛のつるし飾りまつり」/静岡

静岡県東伊豆町の稲取温泉で1月20日から「雛のつるし飾りまつり」が開かれる。今回で26回目。通常の段飾りとは違う花飾りで稲取固有の艶やかさが春を彩る。3月31日まで。

稲取温泉の雛のつるし飾りは、お雛様を買えない家庭が手作りの雛飾りで子どもの節句を祝おうとしたのが始まりで、江戸後期には盛んだったと伝わる。福岡県柳川市の「さげもん」、山形県酒田市の「傘福」とともに、日本三大つるし飾りに数えられる。

稲取温泉雛のつるし飾りまつり

稲取ならではの艶やかさ

メーン会場は「文化公園雛の館」。6409個のジャンボつるし飾りと17段のジャンボ雛段は圧巻の光景。端午のつるし飾りのほか日本三大つるし飾りが勢ぞろいも。入館料はいずれも500円。大型バスも駐車できる。

協賛会場のなぶらととや収穫農園ふたつぼり、八幡神社にも雛飾りを展示。素盞鳴神社では2月18日―3月12日、神社の108段に雛人形とつるし飾りを展示する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ