観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

鉄旅の魅力を宮城三陸から生中継で発信 読売旅行、7月17日にオンラインで「鉄印フェス★てつたび!」

読売旅行は7月17日、オンラインイベント「鉄印フェス★てつたび!」を開く。寺社でもらう「御朱印」の鉄道版「鉄印」を集める「鉄印帳」事業の1周年記念企画。鉄道沿線の風景や文化など鉄道旅行の楽しさを生中継で伝える。

「鉄印帳」は同社と旅行読売出版社、日本旅行、第三セクター鉄道等協議会加盟の全国の地方鉄道40社が、地方鉄道や沿線地域の振興を目的にスタート。各鉄道会社が「鉄印」を用意し、これを求めて鉄道旅行を楽しんでもらおうというものだ。この1年間の「鉄印」記帳枚数は15万枚超となる見込みなど人気を集めている。

同フェスでは、鉄道好きで知られる日本テレビの藤田大介アナウンサーが司会を務め、東京のスタジオと宮城県三陸を生中継で結ぶ。三陸鉄道運転士の仕事密着やオンラインでの三陸鉄道旅、小袖海岸の海女さん目線の海中映像、久慈琥珀博物館での琥珀発掘チャレンジなど、三陸鉄道と沿線の魅力を紹介する。鉄印をコンプリートした「鉄印帳マイスター」による鉄印帳の旅のススメも。

三陸鉄道

絶景を望む三陸鉄道

時間は12時―13時40分。参加費は500円。地元名産「瓶ドン」付きは2500円で、ウニとイクラが入った瓶ドン1本を事前に配送する。

参加申し込みはhttps://www.yomiuri-ryokou.co.jp/notice_/mlmg/2021/06/10/post_96.htmlから。締め切りは7月9日。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ