観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

水中で感じる「宇宙の旅」 アクア・トトぎふで夏のテーマ展/岐阜

岐阜県各務原市の水族館「アクア・トト ぎふ」は夏のテーマ水槽「2020年宇宙の旅」を展示している。地球と火星が接近、アメリカなどから火星へ探査機が飛び立つなど宇宙に注目が集まる今年の夏。水の世界である水族館でも宇宙を表現、ロマンあふれる特別な夏を感じてもらう。

宇宙空間に漂う星屑は、ブルースターダストメダカで表現。約3センチ、100匹の輝く体が星のきらめきを感じさせる。

探査機は、1号がブルーフィンペコルティア吸盤状の口でボディを固定して探査を行う。2号は多くの脚で岩場も得意なアフリカンロックシュリンプ。

また、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の協力で、宇宙飛行士のパネルを設置。館内のショップでもスペースフードや宇宙グミキャンディー、クリアファイルなど宇宙グッズの販売を行うなど“宇宙感”を表現する。

アクア・トトぎふ

「宇宙の旅」テーマ水槽

8月末まで。テーマ水槽展示は1階エントランスで。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ