観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

酒文化と歴史情緒求め高山を歩く 5月30日から「飛騨高山・酒蔵のん兵衛まつり」/岐阜

岐阜県高山市では5月30日から、地元の地酒の飲み比べが楽しめる「飛騨高山・酒蔵のん兵衛まつり」が開かれる。6軒の造り酒屋の味わいを求め、初夏の飛騨高山へ。6月30日まで。

飛騨・高山観光コンベンション協会が開催。今年で5回目を迎える。「飛騨高山御酒飲帳」を購入すると、参加酒蔵でそれぞれ2種類の地酒の試飲が楽しめる。酒蔵受付で御酒飲帳を提示すると「酒蔵特大スタンプ」を押印。6軒制覇で記念品がもらえる。

平瀬酒造店、二木酒造、平田酒造場、老田酒造店、舩坂酒造店、原田酒造場の地元6酒蔵が参加。上一之町、上二之町、上三之町エリアでの古い町並み散策とあわせて楽しもう。

岐阜県高山市

高山の伝統景観も楽しんでぶらり

飛騨高山御酒飲帳は1冊3千円。参加酒蔵と高山濃飛バスセンター、中橋観光案内所で販売する。岐阜県以外の全国のファミリマート、ローソン、ミニストップ、セブンイレブンで購入できる前売り販売は2700円。

詳しくはhttps://www.hida-nombe.jpへ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ