観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

“日本人が気になっている”海外旅行先はビーチリゾート エクスペディアが検索結果からランキング

オンライン旅行サイト「エクスペディア」は6月4日、“日本人が気になっている”海外旅行先ランキングを発表した。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛を余儀なくされていた4月に、今年10―12月のチェックインで検索されたデータをもとに算出。蓄積された旅への渇望が、ここに集約されている。

1位はやっぱり定番のはハワイ・オアフ島。3位にはバリ島、6位にグアム、7位にモルディブ9位にプーケット、10位にハワイ島」がランクインするなどビーチリゾートが上位を占めた。平時から人気の観光地だが今回は通常のランキングよりも多くのランクインが目立つ。家に籠らざるを得なかった環境から、旅の夢は自然へと向いているようだ。

ハワイ

オアフ島・ワイキキビーチは人気の的

そのほか、2位バンコク、4位台北、5位ソウル、8位シンガポールと近場のアジア各地が上位に入った。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ