観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

1位はあしかがフラワーパーク「光の花の庭」(栃木県) じゃらん「首都圏イルミネーション」ランキング

リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」はこのほど、「首都圏イルミネーションランキング」を発表した。1位はあしかがフラワーパーク「光の花の庭」(栃木県)。上位にはテーマパーク、体験型、まちなかとバラエティに富んだスタイルのイルミネーションがランクイン。この冬は光が描く別世界へ―。

1位のあしかがフラワーパーク「光の花の庭」は「日本三大イルミネーション」など多くの称号を獲得してきた実力のイベント。今期は光のバラ園に光の壁画が登場したほか、大藤棚「奇蹟の大藤」「光のバラ」「光の睡蓮」など光の花が幻想の世界を描く。

あしかがフラワーパーク「光の花の庭」

あしかがフラワーパーク「光の花の庭」

2位は体験型イルミネーションが充実するさがみ湖イルミリオン(神奈川県)、3位は日比谷のまちを彩るHIBIYA Magic Time Illumination 2022(東京都)。

以下、4位がよみうりランド ジュエルミネーション(東京都)、5位が東京ドイツ村ウインターイルミネーション(千葉県)、6位がヨルノヨ―YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION(神奈川県)、7位が時之栖イルミネーション「ひかりのすみか」(静岡県)、8位が東京メガイルミ(東京都)、9位が湘南の宝石(神奈川県)、10位が東武ワールドスクウェア ナイトミュージアム「世界の夜あそび」(栃木県)。

調査は10月21―24日に実施。全国の20―50代1082人から回答を得た。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ