観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

1位はおかげ横丁(三重県) じゃらん「旅先で楽しみたい横丁」ランキング

リクルートの旅行情報誌じゃらんはこのほど、アンケートをもとに選出した「旅先で楽しみたい横丁ランキング」を発表した。1位は伊勢神宮内宮門前町のおかげ横丁(三重県)。食べ歩き、はしご酒など旅の醍醐味を詰め込んだようなまちはやっぱり人の心を躍らせる。

1位のおかげ横丁は、江戸―明治期の伊勢路の風景が広がる伊勢神宮参拝の大きな魅力。伊勢志摩地方の食やお土産などが並び、歴史情緒とあわせて楽しめる。

おかげ横丁

おかげ横丁

2位の函館ひかりの屋台 大門横丁(北海道)は函館駅近くの屋台村。ジンギスカンやザンギのほか函館の味が並ぶ。3位のやすらぎ湯の坪横丁(大分県)は由布院温泉の温泉情緒とレトロ感が楽しめるスポット。

以下、4位天文館かごしま横丁(鹿児島県)、5位なにわ食いしんぼ横丁(大阪府)、6位新宿西口 思い出横丁(東京都)、7位八戸屋台村 みろく横丁(青森県)、でこなる横丁(岐阜県)、9位青葉横丁(静岡県)、10位法善寺横丁(大阪府)。

アンケートは3月、全国の20―50代男女にインターネットで実施した。有効回答数は1034。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ