観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

青林寺「御便殿」ライトアップとティータイム 和倉温泉観光協会、22年1月8日から/石川

和倉温泉観光協会(石川県)は2022年1月8日から、国登録有形文化財「御便殿」がある青林寺で「ライトアップ&贅沢ティータイム」を実施する。御便殿と庭園のライトアップを昨年からパワーアップ。山門から御便殿の入口を田鶴浜の伝統工芸組子を使った行燈で彩る。

御便殿は、大正天皇が皇太子時代に休憩所として建築。青林寺と信行寺に移築保存され、庭と御便殿の風景が美しい。

今回のライトアップは昨年から山門付近も加え、山門から御便殿の入口を田鶴浜の伝統工芸組子を使った行燈であかりの小道も演出する。

青林寺

青林寺「御便殿」をライトアップ

御便殿では、能登島で栽培されている和紅茶「いやひめ」と七尾銘菓「ながまし」を提供。青林寺住職による説明やライトアップの写真撮影もある。参加者には和倉温泉御便殿オリジナルの御朱印帳もプレゼントする。

期間は2月26日までの毎週土曜。17時からと18時からの2部制。

料金は1人1500円。定員は各回20人。和倉温泉の宿泊者限定企画。

参加申し込みは同観光協会 電話0767―62―1555。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ