観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

海水浴に来て「その時駅長」に JR四国、臨時駅・田井ノ浜駅でイベント/徳島

18/07/05

JR四国は海水浴シーズン時に臨時開設する田井ノ浜駅(牟岐線、徳島県美波町)で人気企画「その時駅長」を今年も実施する。列車利用で海水浴に訪れると、いきなり駅長になれてしまうというサプライズな企画だ。

田井ノ浜駅は海水浴シーズン期間限定で由岐駅―木岐駅間に開設される臨時駅。7月14日―8月5日の23日間にわたり、特急、普通列車が臨時停車する。

「その時駅長」は7月16日に実施。田井ノ浜駅ホームで、制服と駅長帽、「その時駅長」のたすきを掛けて降車客の出迎えた、運転士に向かって「出発進行」の合図を送るなど“業務”をしてもらう。阿南駅長より委嘱状を受領するなど本格的だ。

「その時駅長」の対象は、同駅の停車する下り列車(徳島駅発、8時47分発の特急むろと1号、10時10分発、11時39分発の普通列車)から降車した人。希望者多数の場合はくじ引きで選出する。

また、当日は列車利用で田井ノ浜海水浴場に訪れた人に、美波町観光協会から菓子か海産物のプレゼント、フラダンスチームによる出迎えも。

雨天など遊泳禁止の場合は8月5日に延期する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ