観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

足摺・竜串の大自然を体感 土佐清水に新・足摺海洋館「SATOUMI」がオープン/高知

20/07/21

高知県土佐清水市に7月18日、新・足摺海洋館「SATOUMI」がオープンした。足摺岬に隣接する竜串湾の生物約350種1万5千点を展示し、足摺の大自然に生きる生態系を紹介。アクティビティもあわせて自然のミュージアム・竜串の魅力を体感できるアイコンが誕生した。

竜串エリア全体が大きな自然のミュージアムと捉え、 足摺の生態系にこだわった展示と、竜串湾の自然とマリンアクティビティの連動をコンセプトに据えた。隣接するビジターセンター「うみのわ」と連携し竜串エリアの体験観光の拠点としての役割を担う。

館内では、山から渓流、湾内の浅瀬、深海まで足摺・竜串の大自然をストーリーに沿って展示を展開。2階からは水槽と竜串湾が一体に見える工夫も凝らした。水量430トンの「竜串湾大水槽」では、シコロサンゴ群落と熱帯魚が泳ぐ海中の景観を再現。全国的に飼育が珍しいとされるシノノメサカタザメも必見だ。

新足摺海洋館SATOUMI

竜串湾大水槽(イメージ)

開館時間は9―17時。無休。入場料は大人1200円、小人600円。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ