観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   北海道・東北

左党よ集え!全国の酒造の一杯を利き酒で 仙台で6月4―5日に「日本酒と西公園」開催/宮城

宮城県仙台市の西公園で6月4―5日、全国の30超の酒造が集うイベント「日本酒と西公園」が開かれる。毎年6月開催の恒例のイベント。約70種の日本酒を利き酒で味わえ、例年左党を中心に多くの人で賑わう。

イベントは、同市青葉区大町周辺の飲食店をはじめとする様々な業種の事業者でつくる商店会御譜代町商人組合のメンバーが中心の実行委員会が開催。日本の文化としての日本酒を西公園で楽しみ、日本酒と仙台の魅力を再発見する場にしようと例年開いている。

会場では、利き酒のほか、稀少酒などの日本酒の販売、市内飲食店が酒の肴を提供する飲食ブースもある。

日本酒と西公園

昨年の会場の様子

参加予定の酒造は、八戸酒造、六花酒造、竹浪酒造店(青森県)▽磐乃井酒造、喜久盛酒造店(岩手県)▽秋田清酒、天寿酒造、鈴木酒造店、木村酒造、両関酒造、栗林酒造店、稲とアガベ醸造所(秋田県)▽大沼酒造店、一ノ蔵酒販、萩野酒造、蔵王酒造、中勇酒造店、佐浦(宮城県)▽米鶴酒造、男山酒造、秀鳳酒造場、鈴木酒造店長井蔵、全国6号酵母サミット(山形県)▽会州一酒造、辰泉酒造、仁井田本家(福島県)▽富川酒造、松井酒造店、飯沼銘醸、外地酒造店(栃木県)▽月の井酒造店(茨城県)▽吉川醸造(神奈川県)▽土田酒造(群馬県)▽大倉本家(奈良県)▽名手酒造(和歌山県)。

時間は4日が10―20時、5日が10―17時。入場無料。10枚つづりの利き酒チケットは、前売2千円、当日2500円。チケット1枚で1杯30ミリリットルの日本酒が味わえる。

詳しくはhttps://www.mmt-tv.co.jp/event/articles/zxo6ejjqft8s4swc.htmlへ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ