観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

シャトルバスで小谷城跡へ“出陣” 北びわこふるさと観光公社、4月28日から運行/滋賀

18/02/20

一般社団法人北びわこふるさと観光公社(岸本一郎理事長)は4月28日から、滋賀県長浜市の戦国史跡「小谷城跡」へ向かうシャトルバスを運行する。近江一帯を治めた戦国大名・浅井氏の居城だった難攻不落の山城の全ぼうを求めて、湖北歴史観光を気軽に楽しみたい。

小谷城は戦国時代、浅井氏三代が居城とした近江・湖北の拠点。北陸道と中山道の要所をおさえ、琵琶湖へも近い小谷山にある。山の地形を利用し、攻めにくく守りやすい城を実現。現在は日本五大山城に数えられ、国指定史跡となっている。

シャトルバスは麓にある「戦国ガイドステーション」と小谷山中腹にある番所跡までを結ぶ。番所跡から本丸跡までは地元の語り部ガイドの案内のもと、徒歩で登っていく。織田信長の本陣があった虎御前山を望む展望台、眼下の眺めがすばらしい桜馬場跡、千畳敷とも呼ばれる城内最大の曲輪跡である、大広間跡などを経て本丸跡へ。必要以上に整備されておらず、往時の面影を残す城跡では大自然も見どころ。各所から望む琵琶湖と湖北地域の風景も魅力のひとつだ。

小谷城跡

小谷城跡からは湖北地域を一望

運行は11月末までの期間限定。運行日は4月28日―5月6日▽7月14、15、16、21、22、28、29日▽8月4、5、11、12、18、19、25、26日▽9月15、16、17、22、23、24、30日▽10月6、7、8日▽11月3、4、10、11、17、18、23、24、25、26、27、28、29、30日。観光シーズンの土日祝日を中心に運行する。運行期間中は小谷山林道が通行規制となる。
 
10時から14時15分の間に1日7便。乗車時間は約5分。ガイドの案内による散策は所要時間約60分。JR長浜駅から戦国ガイドステーションまでは無料シャトルバスで結ぶ。

料金は1人500円。

シャトルバスの運行は2011年からスタート。17年度は33日間の運行で約2500人が利用した。

問い合わせは同公社 電話0749―78―0300。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行福井富山編

北陸特集後編は福井県と富山県にスポット。新幹線開業で沸いた富山に続き、2023年の敦賀延伸では...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行石川編

新幹線開業でもはや首都圏からも流れが確立された北陸。2023年には敦賀延伸も予定されており北陸...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ