観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

京都市岡崎エリアの魅力がこの春増強 伝統産業ミュージアムと京セラ美術館が一新オープン

20/03/11

京都市左京区岡崎エリアにこの春、観光施設のリニューアルオープンが相次ぐ。3月14日には「京都伝統産業ミュージアム」、同21日には「京都市京セラ美術館」。平安神宮があり、琵琶湖疏水が流れる京都市内屈指の観光エリアの観光の魅力がより増強される。

京都伝統産業ミュージアムは、京都市勧業館みやこめっせ地下1階の旧「京都伝統産業ふれあい館」を一新。市の伝統産業74品目の紹介の深化、見て触れられる展示、企画展の展開、食と伝統工芸のコラボコーナーなど伝統産業の魅力発信の深耕を図った。

14日13時からはオープニング記念式典を開催。オープニング企画展は4月5日まで「職人たちのマーチ」と題して、若手職人にスポットを当てた展示・販売を行う。
京都市京セラ美術館は昭和8年の開館から87年間、京都の美術振興を支えた「京都市美術館」にネーミングライツ制度を導入してリニューアル。現存する日本最古の公立美術館建築の本館は保存・継承することに加え、現代アートに対応する新館「東山キューブ」で新進作家のスペースを新設するほか、カフェやミュージアムショップも設ける。

開館記念展として「京都の美術250年の夢―最初の一歩:コレクションの原点」を4月5日まで開催。京都市美術館のコレクションの「最初の一歩」を、87年の歴史から紹介する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ