観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

秋の「お茶の京都」を周遊 10月17日から観光ループバスが運行開始/京都

20/10/15

日本有終のお茶の産地である京都市南部、「お茶の京都」エリアでは10月17日から、秋の観光シーズンに合わせ、駅と観光スポットを結ぶ観光ループバス「お茶の京都 宇治やんたんライナー」を宇治市と宇治田原町周辺で、「茶の京都 木津川古寺巡礼バス」を木津川市周辺でそれぞれ運行を始める。1日乗車券もあり、お茶の郷を気ままに周遊、秋の風情を感じよう。

「お茶の京都 宇治やんたんライナー」は、京阪宇治駅から黄檗公園・萬福寺前、平等院(南門前、郷之口・宇治茶の郷前などをめぐる。1日乗車券は「もうひとつの京都周遊パス(お茶の京都エリア版)」1千円を利用でき、周遊特典として車内で宇治茶のティーバッグ、宇治市営茶室対鳳庵・植物公園・源氏ミュージアムの共通入場割引券のほか、エリア内各店舗でのプレゼントがつく。

「お茶の京都 木津川古寺巡礼バス」はJR奈良駅と近鉄奈良駅が起点。浄瑠璃寺や岩船寺などをめぐり、JR加茂駅にも立ち寄る。運行期間中は各寺院で秘宝・秘仏の特別公開・開扉も。

1日乗車券は「お茶の京都 木津川古寺巡礼パス」(大人1200円、小人600円)が新しく登場する。

運行は12月13日までの土日祝日。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ