観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

秋の「お茶の京都」を周遊 10月17日から観光ループバスが運行開始/京都

20/10/15

日本有終のお茶の産地である京都市南部、「お茶の京都」エリアでは10月17日から、秋の観光シーズンに合わせ、駅と観光スポットを結ぶ観光ループバス「お茶の京都 宇治やんたんライナー」を宇治市と宇治田原町周辺で、「茶の京都 木津川古寺巡礼バス」を木津川市周辺でそれぞれ運行を始める。1日乗車券もあり、お茶の郷を気ままに周遊、秋の風情を感じよう。

「お茶の京都 宇治やんたんライナー」は、京阪宇治駅から黄檗公園・萬福寺前、平等院(南門前、郷之口・宇治茶の郷前などをめぐる。1日乗車券は「もうひとつの京都周遊パス(お茶の京都エリア版)」1千円を利用でき、周遊特典として車内で宇治茶のティーバッグ、宇治市営茶室対鳳庵・植物公園・源氏ミュージアムの共通入場割引券のほか、エリア内各店舗でのプレゼントがつく。

「お茶の京都 木津川古寺巡礼バス」はJR奈良駅と近鉄奈良駅が起点。浄瑠璃寺や岩船寺などをめぐり、JR加茂駅にも立ち寄る。運行期間中は各寺院で秘宝・秘仏の特別公開・開扉も。

1日乗車券は「お茶の京都 木津川古寺巡礼パス」(大人1200円、小人600円)が新しく登場する。

運行は12月13日までの土日祝日。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ