観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

大阪の冬彩る「光の饗宴」、12月14日から中之島で「OSAKA光のルネサンス」がスタート

20/11/30

大阪市を中心に大阪府各所を光で彩る秋冬恒例のイベント「大阪・光の饗宴2020」が2021年1月31日まで開かれている。12月14日からは、現在開催中の「御堂筋イルミネーション」と並ぶコアイベントのひとつ、「OSAKA光のルネサンス」がスタート。中之島にも光のシーズンが開幕、水都大阪が冬の彩りに包まれる。

今年の「大阪・光の饗宴」は、コロナ禍のなかでも元気を与えようと、“希望の光”がテーマ。「OSAKA光のルネサンス」は12月25日まで、中之島の水辺の風景を光のアート空間として演出し、冬夜のロマンチックな散策を楽しんでもらう。

大阪を代表する建築物・大阪市中央公会堂では、「いのち息づく、希望の光」をテーマに、建物壁面を使ったプロジェクションマッピングを展開。水上劇場沿いにはイルミネーションが初登場する。バラの小径には参加型アート作品「ひかりの実」、バラ園西側一帯にはクジラのオブジェを配した「希求の唄」、水上劇場には「BIGスノーマン」、中央公会堂南には「巨大アマビエバルーン」など、中之島一帯が見どころにあふれる。

時間は17―22時。一部コンテンツは23時まで。

「大阪・光の饗宴2020」公式HPはhttps://www.hikari-kyoen.com/

大阪・光の饗宴

「大阪・光の饗宴2020」公式HP

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ