観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

石清水八幡宮で「祈りのともしび」 お茶の京都DMOが2月20―23日に開催、コロナで期間変更

21/01/19

京都山城地域振興社(お茶の京都DMO)は2月20―23日、京都府八幡市の石清水八幡宮で国宝の本殿などをライトアップする「祈りのともしび」を開く。観光庁の「あたらしいツーリズム」の一環として初開催。緊急事態宣言発令を受け、当初より10日程度期間を送らせて安心・安全を徹底しながら、荘厳な夜の情緒を演出する。

イベントは期間中、国宝の本殿や境内をLEDライトでライトアップ。京都芸術大学の学生らによるアート作品「祈りのオブジェ」や、 地元住民らがつくる照明などを並べて、本殿や鎮守の森を幻想的かつ荘厳な光で包み込む。

また、八幡宮参道ケーブル内では、日本航空のキャビンアテンダントが車内アナウンスを担当するなど旅のムードを演出。ライトアップの様子や巫女舞などのオンライン中継も予定している。

点灯時間は17―20時。今後の新型コロナ感染状況によって中止や内容の変更の可能性があるため、最新情報はhttps://ochanokyoto.jp/event/detail.php?eid=569で確認を。

祈りのともしび

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ