観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

「ビワイチ」アプリでサイクルツーリズム 栗東で3月末までサイクルスタンプラリー/滋賀

21/02/22

滋賀県・栗東市観光協会は滋賀プラス・サイクル推進協議会、ナビタイムジャパンと共同で2月26日、市内を自転車でめぐるサイクルスタンプラリーを実施する。琵琶湖を一周するサイクリングコースとして人気の「ビワイチ」の専用スマートフォンアプリを使って、ウィズコロナでもサイクリングで快適に栗東観光を楽しんでもらう。

アプリ「ビワイチサイクリングナビ」の2020年の利用状況は、9月から利用が増えだし、走行距離は前年比34%増、コース閲覧数は同7%増、エリア情報の閲覧数は同58%増と、コロナ禍でも滋賀県内のサイクリングの高まりを感じさせる結果になったという。

そのニーズに応えるように始めるラリーは「豊かな自然と歴史あふれる『緑と文化のまち栗東』を巡るサイクルスタンプラリー」。アプリでGPSを駆使して市内12カ所に設けたスポットを巡り、計13ポイント分のデジタルスタンプを取得すると、市の名産品が抽選で当たる。ポイント数に応じて近江牛をはじめ多彩な賞品が用意されている。

期間は3月末まで。

詳しくはhttps://www.ritto-kanko.com/event/detail/?id=129へ。

緑と文化のまち栗東を巡るサイクルスタンプラリー

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ