観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

出雲日御碕の絶景を海上から楽しむ 出雲観光協会、8・9月に特別遊覧クルーズ/島根

21/08/06

島根県出雲市の出雲観光協会は8、9月、出雲日御碕エリアの絶景を海上から楽しむ特別遊覧クルーズを実施する。

島根半島の西端にある出雲日御碕エリアは、日本遺産「日が沈む聖地出雲」、大山隠岐国立公園、島根半島・宍道湖中海ジオパークに認定されている自然と歴史に包まれたスポット。白亜の出雲日御碕灯台やジオパークならでは絶景、ウミネコの聖地・経島などをジオガイドとともにめぐる。

「日御碕クルージング2021―海から見る日御碕」は8月8、22日、9月5、19日に実施。日御碕漁港から経島、日御碕灯台付近、ジオ海岸、出雲松島を周遊する。

時間は11時からの約40分。料金は大人2千円、小学生以下1500円。

出雲日御碕特別遊覧クルーズ

日御碕の絶景の世界へ

また、かつて存在した稲佐の浜から海路で日御碕神社参拝に向かうルート「稲佐―日御碕クルージングーかつての海上交通で行く日御碕神社参拝」も8月7、28日、9月11日に設定。9時―11時30分の午前便と15時―17時30分の午後便があり、料金は大人3500円、小学生以下2千円。

申し込みはhttps://www.izumo-kankou.gr.jp/trip/5072から。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ