観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

神戸アンパンマンこどもミュージアム、入館料の変動価格制を導入 「レールトレインSLマン」も登場/兵庫

21/02/25

兵庫県神戸市の神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールは3月12日、入館料の変動価格制を導入する。あわせて新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた「レールトレインSLマン」の運行をスタート。新しいスタイルと魅力増強で春からの賑わい創出を図る。

変動価格制の導入は有料エリアのミュージアム入館チケット価格の改定に伴うもので、混雑緩和、繁閑差の平準化が目的。日ごとに異なる価格に加え、新たに平日15時以降入館の価格を設定する。

入館料は、大人・子どもともに2千―2500円に。15時以降の入館は1800円になる。

「レールトレインSLマン」は、6両編成で定員は20人。屋外に新設するレールコースにアンパンマンやキャラクターのパネルを設置する。SLマンの掛け声や効果音でアンパンマンの世界の臨場感とワクワク感を演出する。

レールトレインSLマン

レールトレインSLマン

運行期間は10月31日までの予定。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ