観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

神戸アンパンマンこどもミュージアム、入館料の変動価格制を導入 「レールトレインSLマン」も登場/兵庫

21/02/25

兵庫県神戸市の神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールは3月12日、入館料の変動価格制を導入する。あわせて新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた「レールトレインSLマン」の運行をスタート。新しいスタイルと魅力増強で春からの賑わい創出を図る。

変動価格制の導入は有料エリアのミュージアム入館チケット価格の改定に伴うもので、混雑緩和、繁閑差の平準化が目的。日ごとに異なる価格に加え、新たに平日15時以降入館の価格を設定する。

入館料は、大人・子どもともに2千―2500円に。15時以降の入館は1800円になる。

「レールトレインSLマン」は、6両編成で定員は20人。屋外に新設するレールコースにアンパンマンやキャラクターのパネルを設置する。SLマンの掛け声や効果音でアンパンマンの世界の臨場感とワクワク感を演出する。

レールトレインSLマン

レールトレインSLマン

運行期間は10月31日までの予定。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ