観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

「ぐんま県境稜線トレイル」が山の日に全線開通 当日はセレモニーやツアーも

18/07/20

群馬県を中心に名山を結ぶ登山道を連結した「ぐんま県境稜線トレイル」が「山の日」の8月11日、全線開通する。当日はセレモニーをはじめイベントが催され、群馬県観光の新たな素材の誕生を祝う。

ぐんま県境稜線トレイルはみなかみ町の土合から嬬恋村の鳥居峠まで、新潟、長野両県の県境の稜線上を名山を結ぶ登山道を1本に結び付けたルート。全長は100キロにも及び、国内最大級のロングトレイルルートが誕生することになる。群馬県が誇る名山や草津をはじめとする温泉など雄大な自然を観光に活用しようとルート化が企画された。

当日はオープニングセレモニーが9時から、谷川岳天神平で開かれる。予約不要、無料の「谷川岳一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」のほか、要事前予約の谷川岳を楽しむトレイルツアーも実施され、初心者向けの「ロープウェイから谷川岳登山」コースや上級者向けの「ぐんま県境稜線トレイル馬蹄形縦走ツアー」、「標高1500メートル天神平フラワートレッキングツアー」などのコースが用意されている。

詳しくはみなかみ町観光協会のホームページ(http://www.enjoy-minakami.jp/)へ。

また、JR東日本は当日、東京・上野と群馬・土合を結ぶ快速「山の日 谷川岳号」をに運行する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ